貴方の現在の位置:ホーム業界ニュース > 〝稀土新型水素貯蔵材料として、新たな製造技術と応用開発″という項目は科学技術部の受諾合格

〝稀土新型水素貯蔵材料として、新たな製造技術と応用開発″という項目は科学技術部の受諾合格

リング先:中国レアアース 日付:2015-06-02

    201495日、科学技術部高技術発展中心主催して、厦門タングステンに任せる〝稀土新型水素貯蔵材料として、新たな製造技術と応用開発″という項目受諾研究会を開催しました。中国科学技術院福建物質構造研究所副所長林文雄と共に、5名の専門家を主なる受諾チームは仕事進捗、資料確認、現場確認した後、契約書に記載された研究内容を目標に達成し、項目技術の受諾を合意しました。

    当該項目は三年間を経て、La/Ce/Sm/Yを主な成分になる高性能低自放電型と高容量型稀土マグネシウム基水素貯蔵合金を研究開発してきました。コントロールできる雰囲気溶解、溶融促進剤、同封熱処理等主な技術を通じて、マグネシウムと相構造を精密制御ことを達成しました。低自放電型マグネシウム基水素貯蔵合金の最大電容量は350mAh/g1C循環寿命は740回し,大電流放電特性HRD90087%に達します;高容量型稀土マグネシウム基水素貯蔵合金の最大放電容量は395mAh/g5001C循環後容量の保有率は62%になり,大電流放電特性HRD90088%に達します。項目を実施した時、21項も特許を申請し、40部の技術論文を発表しました。

所属する類別: 業界ニュース

この情報のキーワード:

電話:0086-597-3160681

ファックス:0086-597-6832800

Eメール:gdre@cxtc.com

住所:経済開発区工業区チャンティン

 ページ版権所有:福建省長汀金龍稀土有限公司