貴方の現在の位置:ホーム業界ニュース > 福建物質構造研究所はナイメートル晶蛍光免疫分析技術を開発しました

福建物質構造研究所はナイメートル晶蛍光免疫分析技術を開発しました

リング先:中国レアアース 日付:2015-06-02

    中国科学院福建物質構造研究所、中国科学院光電材料科学と物理重点研究室の陳学元研究チーム及び構造化学国家重点研究室黄明東研究チームと協力して、稀土ナイメートル晶溶解をもとに、蛍光免疫分析技術(DELBA)を開発しました。

    当該技術は商用DELFIAの操作手順を従って、分子探針稀土キレートを稀土ナイメートル探針に替り,稀土ナイメートル晶高度集中イオンを利用し、標記率を高めになり、システムの発光率と測定感度を高めになります。研究チームは高解像度蛍光分光法と元素分析なとの方法の通じて、~9 nm NaEuF4をナイメートル蛍光探針として、β-NTA促進剤とし、稀土ナイメートル晶の発光原理を発見しました。人体広域スペクトル腫瘍の標的なものCEAに対して、DELBA感度が高い。測定限界は0.1 pg/mLしなって、商用DELFIAに比べて、三桁以下になって、今迄CEA測定の最低値です。

    その上、研究チームは開発したDELBA技術を持って、腫瘍病院で20数の血清CEA値を測定しました、その結果は商用DELFIAキットとほぼ一致し、測定変動係数と回収率等を通じて、準確度を確保しました。上記開発内容は連絡との形式で2014811日にオンラインで「ドイツ応用化学」(Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, DOI: 10.1002/anie.201405937),という雑誌に発表して、中国とPCT国際発明特許を申請しました。

所属する類別: 業界ニュース

この情報のキーワード:

電話:0086-597-3160681

ファックス:0086-597-6832800

Eメール:gdre@cxtc.com

住所:経済開発区工業区チャンティン

 ページ版権所有:福建省長汀金龍稀土有限公司